スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金銭トラブル(Q&A)

  • 2009/01/08(木) 16:16:38

 国民生活センター(電話03-3446-0999)によると、
結婚相談所(結婚情報サービスを含む、以下同じ)
に対する相談件数は年々増えています。

 「特定商取引法」改正前は、
解約、返金に応じてくれないという相談が目立ちましたが、
改正後は、解約金が高いという苦情が多いようです。
 
 仲人型結婚相談所の場合は、
料金設定のほとんどが成功報酬ですので、
中途解約による問題が発生する可能性は少ないのですが、
店舗型結婚情報サービスの場合は、
高額費用を前払いする形態を採っていますので、
中途解約による解約料のトラブルが多いようです。

:クーリング・オフに応じてくれないのですが。
:契約締結日以降8日間以内であれば、
  無条件で全額取り戻せます。

:クーリング・オフ期間経過後は、
  一切返金に応じない旨が規約に書かれているのですが。
:規約の記載内容の如何に関わらず、
  中途解約による払戻金を受取る権利があります。
  業者の中には、法令を遵守しない悪質なところが
  ありますので、気をつけましょう。、
  
:解約料(解約違約金)を請求されたのですが。
:入会時に説明を受けていなければ、払う必要はありません。

:説明を聞きに行ったら、勧誘がしつこくて、
  契約するまで帰してくれません。
:契約をしないことです。、止む無く契約をした場合でも、
  クーリング・オフ期間内に直ちに解約しましょう。

:交際が始まると、交際料を請求されたのですが。
:交際料の定義があやふやな場合があります。
  特に成婚料との区別が明確にされているかを、
  概要書面等で確認しておくことです。
  説明を受けていない場合は、支払う必要はありません。

スポンサーサイト

クーリング・オフ&中途解約について

  • 2009/01/08(木) 13:25:34

 2004年(平成16年)の法改正により、
結婚相談所(結婚情報サービスを含む、以下同じ)も、
「特定商取引法」の対象になっています。

 《クーリング・オフ》
 クーリング・オフとは、
商品購入やサービス提供の契約・申込みを済ませた後、
一定期間内(8日以内)であれば、
無条件で契約・申込みを解約することが出来る
消費者救済制度のことです。
 
 結婚相談所の場合、クーリング・オフすると、
以降は会員資格が消滅し、
会員登録料及び月会費が返金されます。
解約金その他の費用が請求されることはありません。

 クーリング・オフの手続きは、
郵便ハガキに、契約解除の旨、契約解約日、氏名、会員番号、
住所、電話番号等を明記し、郵送するだけで完了します。
 
 《中途解約と払戻金》
 クーリング・オフ期間が過ぎても、
いつでも中途解約することができます。
 「会員解約届」に必要事項を記入し、相談所に提出します。
 
 クーリング・オフ期間後、役務提供前の場合は、
入会金、登録料、月会費、事務手数料から、
登録手数料を差し引いた残金が返金されます。
 
 役務開始後の場合は、
登録手数料差し引き後の未経過月数分から、
解約違約金(未経過月数の按分額×20%と
2万円のいずれか低い額)を差し引いた残金が返金されます。
 
 ただし、お見合い料、交際料、成婚料などの
役務提供後の成功報酬については、払い戻しがありません。

 トラブルを防止するためには、
入会時に法定の概要書面等の交付を受け、
内容を充分把握しておくことが大切です。

標準的な料金システム

  • 2008/11/11(火) 20:03:52

 仲人型結婚相談所の各種料金は、
連盟などの団体に加入している場合でも、
統一されているわけではありません。
 実体は、各相談所によってバラツキがありますので、
ここでは標準的な料金についてご説明します。

〇入会金・登録料
 入会・登録に必要な料金です。
入会金と登録料がそれぞれ必要な場合、
あるいは、どちらか一方だけで済む場合、
極端な場合は、どちらも不要な場合などがあります。
普通は、男性の方が女性より高く定められています。
 金額的には、男性が30,000~100,000円、
女性は0~50,000円位と、かなりの幅があります。 
 ただし、登録コースによっては、より高額になる場合があります。
 
○月会費
 月会費は、登録会員との通信費や交通費など、
経常的経費に充当されます。
 インターネットの検索システムを利用する会員には、
システム利用料として徴収される場合もあります。
 月会費についても、取り扱いがマチマチです。
 金額的には、0~10,000円位です。

○お見合い料
 お見合いの際に必要な料金です。
普通は、男女に関係なく、
一回につき10,000円という相談所が多いようです。
 なお、お見合いの際の飲物代は、男性が負担することになります。
 特殊な場合を除き、仲人に対する交通費、食事代、土産物代など、
お見合い料以外の心遣いは必要ありません。

○成婚料
 成功報酬制となっており、成婚した場合にのみ必要な料金です。
 ただ、「成婚」の根拠に曖昧な部分があります。
結婚式や結納など、形として明らかなものから、
単なる口約束を成婚としている場合もありますので、
入会時に、概要書類等で確認しておくことが大事です。
 金額的には、男性が200,000~300,000円、
女性が150,000~250,000円位です。
 ただし、登録コースによっては、より高額になる場合があります。

 以上のことを総合的に勘案し、
一年間仲人型結婚相談所に在籍した後、
成婚した場合の費用総額を試算してみると、
 男性の場合は400,000~600,000円
 女性の場合は250,000~400,000円
程度にになると思います。
 ただ、あくまで一つの目安ですので、
当然これ以下の場合も、これ以上の場合もあります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。