スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見合い結果の報告

  • 2008/11/12(水) 14:41:52

 お見合いの結果、
交際を希望する場合も、お断りをする場合も、
翌日には、必ず結婚相談所に連絡を入れるようにしましょう。
 返事が遅れたために、せっかくのご縁をダメにするケースがあります。
お相手の返事を聞かないと自分の気持ちが言えないようでは困ります。
 あくまで男性がリードする立場であることを忘れないように。

 迷っている場合は、もう一度会ってみることをお薦めします。
たった一度の出会いで、すべてを評価するのは早計です。
 2回目の出会いの方が、緊張が取れ自然体で接することが
できるようになるものです。

スポンサーサイト

お見合いが終わったら

  • 2008/11/12(水) 14:21:07

《時間について》
 お見合い時間は仲人同席時間も含めて、
最低30分~1時間が適当です。
 出会いのマナーとして、
仲人退席後も雰囲気を壊さないように心掛けましょう。
長時間にわたる同一場所での会話はよくありません。
 お相手に、次の店へ移動することを提案してください。

《お見合い席料の支払い》
 お見合いの飲物代は男性負担となります。
どちらかのご両親がお見えの場合は、ご両親の支払いです。
両家のご両親が揃っている場合は、男性のご両親の支払いです。
養子縁組の場合は、女性の支払いです。

《お見合いの席からデートへ》
 お見合いの席からデートに移る場合は、
6対4ぐらいの割合で男性がリードしましょう。
デートコースは2~3つ用意しておいた方が安心です。
2回目の席料は割り勘もいいのですが、
「私が払います」ぐらいの心掛けがある方がいいと思います。

 お相手の意思も確認せず、
自分が計画しているデートプランを押し付けるのはやめましょう。
女性が歩き辛そうな靴を履いている場合は、
あまり歩かなくてもいいようなコースを考えたり、
さりげなくお手洗いに行けるように、
喫茶店に入って休憩するなどの気配りができれば申し分ありません。
 ただ、最初から長時間のデートは控えたいものです。

お見合い中の心構え

  • 2008/11/11(火) 21:58:56

《相手の立場になって》
 出会ってみて、フィーリングが合わないと感じても、
お相手の人格を尊重し、礼を失しないようにしましょう。
自分本位でわがままな態度もよくありません。
 自分がされて嫌なことは、相手にもしないことです。
最近は、喫煙者の肩身が非常に狭くなっています。
吸わない人にとって、煙草のけむりほど迷惑なものはありません。
 どうしてもという場合は、必ず一言断りを入れるようにしましょう。
さりげない思いやりは、あなたの人格の現れでもあります。

《会話のポイント》
 話のキッカケは、「ほめ言葉」です。
最初の挨拶が済めば、
お相手の身に着けているもので褒める部分を探しましょう。
 「センスが良くて、おしゃれですね」
 「とってもよく似合っていますね」
 「明るくて華やかですね」など、ごく自然に。
 タブーはスタイルや顔のことです。
お相手にコンプレックスがあれば、まったく逆効果になってしまいます。

 次に、お相手の趣味や好きな食べ物などを聞いて、
共通の話題づくりをしましょう。
確実に場が盛り上がります。

 お相手の話を聞かず、自分中心の一方的な会話もよくありません。
「会話が進まない」「楽しくない」それは自分の責任でもあります。
話下手の人は気にせず、聞き上手になればいいのです。

《絶対に聞いてはいけないこと》
 「なぜ、その結婚相談所に入会したの?」
「今まで、何人とお見合いしたの?」
「なぜ、今まで結婚しなかったの?」
これらの質問は絶対にやってはいけません。
 せっかく前向きに取り組もうとしているお相手の気持ちを
傷つける結果になってしまいます。
 
 交際するかしないかもわからないのに、
電話番号やメルアドを聞いたりするのはマナー違反です。

aki_0197.gif

第一印象が大切です

  • 2008/11/11(火) 21:39:27

 自己紹介でほぼ80%が決まる
と言っても過言ではないほど、第一印象は大切です。

《挨拶》
 挨拶は顔をしっかりと上げて、丁重にはっきりと。
「はじめまして○○です。宜しくお願いします」
「ご遠方をわざわざありがとうございました」などの気配りも大切です。
 また、お相手の仲人(担当者)にも、
「○○と申します。本日はお世話になります」など、
好感を持たれるようにしたいものです。

《服装・身だしなみ》
 服装・身だしなみは清潔感が最も大切です。
お金さえかければいいというものではなく、
男性のスーツ姿は、それだけで相手に好印象を与えます。
 せっかくのスーツに無精ひげではセンスが疑われますし、
肩のフケ、爪の伸び過ぎなども嫌われます。
 夏はカッターシャツにネクタイが礼儀です。

 お見合いは一種の儀式です。
必要以上に堅苦しいのはよくありませんが、
常識的なマナーは守るようにしましょう。
 服装が軽過ぎると、「初めて私と会うことは、その程度のことなのか」と、
お相手に失望感を与え、取り返しがつかないことになってしまいます。
 また、日頃から専門雑誌などで流行ものをチェックし、
感性を磨いておくことも大切なことだと思います。

事前準備を万全に

  • 2008/11/11(火) 21:12:12

《お見合いの前日確認》
 前日には、必ず相談所に電話を入れて、
時間・場所・お相手を確認しておきましょう。
 面倒くさいと思われるかもしれませんが、ミスは思わぬところで発生します。
念には念を入れる用心深さが、お互いの信頼関係を築きます。

《事前の心構え》
 お相手の仕事・家族状況・趣味などを頭に入れて、
共通する話題を模索するなど、心の準備が大切です。
また、お見合い場所までの交通手段や所要時間などの
チェックも必要でしょう。

《時間の余裕を持って》
 約束時間の10分前には到着したいものです。
遅刻は人間性の証となり、失敗するお見合いの一つです。
 できるだけ電車を利用することをお薦めしますが、
止むなく車を利用する場合は、
2~3駅手前の空いている駐車場に止めましょう。
 
 心のゆとりは、
時間のゆとりから生れます。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。