スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 結婚相談所の見極め方

  • 2008/11/26(水) 15:27:43

 結婚相談所には3つのタイプがあり、
その中で、仲人型結婚相談所の信頼性が
最も高いということは、既にご紹介したとおりです。
 
 しかし、一口に仲人型結婚相談所といっても、
その実体は千差万別で、外見だけでは、
見分けが付かないのが現状だと思います。

 そこで、「信頼できるかできないか」をキーワードに、
仲人型結婚相談所の見極め方をまとめてみました。
相談所選びの基準として、必ずお役に立つと思います。

①仲人・カウンセラーの信頼度
 仲人型結婚相談所である限り、
仲人・カウンセラーの影響力が大きいのは当然で、
その人間性や能力によって、結果に大きな差が出ます。
 仕事に対する情熱や行動力はもとより、
高い倫理観、人を見抜く洞察力、客観的な判断力、
面倒見の良さなどが備わっていなければ、
満足度の高い行き届いたお世話など出来るはずはないのです。
 運よく信頼できる仲人に出会うことができれば、
結婚は半分以上の確率で成功したと言っても過言ではありません。

②キャッチコピーと営業トーク
 「会員数○万人」「成婚者数○万人」「出会いを保証」
「必ず結婚できる」「セレブ会員登録済み」…
 これらは新聞や雑誌、インターネットで見かける
キャッチコピーですが、ほとんどがマユツバものです。
知名度の高さに騙されることも愚かなことです。
 信頼できる仲人型結婚相談所は、
無理に入会を奨めるようなことは絶対しません。
会員に過度の期待を抱かせないように、
いい事を言わず、現実的でシビアな話をするはずです。
仕事に対する真剣さの表れなのです。
 反対に、耳の痛いようなことは一切言わず、
口先でペラペラとおいしい話ばかりをする相談所は、
信頼性に欠けると判断して間違いありません。
 一度断っても、執拗にメールが来たり、
夜遅くに電話がかかってくるところも要注意です。

③コンプライアンスの徹底度
 仲人型結婚相談所にも法律の遵守義務があります。
具体的には、特定商取引法、個人情報保護法などですが、
入会(登録)に際しては、これらの法律の運用(適用)方法を、
説明することが義務付けられています。
 この点が曖昧な相談所は、理由の如何に関わらず、
入会すべきではありません。
 
④充実した経営基盤と広域ネットワーク 
 信頼できる組織や団体に加盟していることです。
この場合は、本部の監督の下に、統一されたシステムによって
運営されていますので安心感があります。
 相談所相互の連絡調整、情報共有化、合同イベントの開催
などの面でも優位性があります。
 昔ながらの単独経営の相談所では、
もはや時代の変化に対応できなくなっています。
 
⑤入会審査の有無
 入会(登録)時には、
所定の必要書類を提出しなければなりませんが、
見方を変えれば、それは入会審査でもあります。
 たとえば、「独身証明書」は、入会希望者が、
確かに独身であるという公的な証明であり、
「在職証明書」「収入証明書」なども同じです。
 これらの書類の提出を義務付けない相談所は、
入会後にトラブルを引き起こす可能性が高く、
入会を見送った方が無難です。

⑥料金システムの明瞭性
⑦会員数の多少

 これらについては、
別ページで詳細に説明しましたので省略します。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。