スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資金計画を立てる

  • 2009/03/08(日) 18:11:04

 全体的なスケジュールが把握できたら
次は結婚式と新生活に必要な資金の計画を立てましょう。
 「一生に一度のことだから」と大判振る舞いをする人がいますが、
アイデア次第では、お金をかけなくても
思い出に残る結婚式を挙げることができます。
 大事なことは、決して背伸びせず
身の丈に合った規模や内容にすることです。

 結婚費用には、婚約の費用、挙式・披露宴の費用、
新婚旅行の費用、新生活の費用などがあり、
平均すると総額500~600万円になります。
 そのうち最も大きなものは挙式・披露宴に関する費用で、
約半分を占めると見ておけば間違いないでしょう。
次が新居の家具類など、新生活関連の費用になります。
 一方では、挙式・披露宴をささやかなものにし、
新生活を充実させるためにお金を回すという考え方も
合理性があっていいと思います。
 
 予算の立て方としては、
二人の大人が新生活を始めるわけですから、
基本的には自分たちの資金でまかなうのが理想です。
 親など身内の援助を仰ぐケースが多々ありますが、
最小限にとどめたいものです。

 挙式・披露宴の招待客などからいただくご祝儀は
自己資金としてプールして差し支えありません。
 最近のデータによりますと、
招待客一人当たりのご祝儀相場は平均3万円となっています。
仮に50人の招待客がありますと、ご祝儀は約150万円になり、
挙式・披露宴費用のほぼ8割をまかなえる計算になります。

 新郎側と新婦側との費用の振り分けは、
最初の段階で話し合っていた方が無難だと思います。
 婚約の費用、挙式の費用、新婚旅行の費用は折半し、
披露宴の費用は招待客数に応じて頭割りするのが一般的です。
衣装や小物は自分の分を負担します。

 なお、ブライダルローンなどの融資制度には、
絶対手を出さないようにしましょう。

スポンサーサイト

全体的なスケジュールの把握

  • 2008/12/23(火) 11:55:23

 充実した交際期間を経て、
二人の結婚の気持ちが固まったら、
結婚式と新生活に向けて準備を始めることになります。

 何しろ、人生最大のイベントを迎えるわけですから、
多くの準備が必要になりますが、
具体的な準備に入る前に、
まずやっておかなけれならないことは、
「全体的なスケジュールを把握しておく」ことと、
「資金計画を立てる」ことです。
 このどちらかでも欠落すると、途中で計画変更を余儀なくされ、
無駄な時間とエネルギーを費やすことになります。

 まず、スケジュールですが、
急な海外赴任が決まった場合やマタニティ婚などの場合を除き、
結婚準備は6~7ヶ月前から始めると、
手落ちなく余裕を持って進めることができます。
 以下、主な項目を列挙します。

◎6~7ヶ月前
 ・両家の両親へのあいさつ
 ・両家家族の顔合わせ、結納の準備
 ・結婚式の日程と会場の決定
 ・挙式スタイルの決定
 ・結婚式費用の予約金支払い
 ・新居物件の検討

◎4~5ヶ月前
 ・結納、婚約の段取りと仲人の依頼
 ・婚約指輪の購入
 ・媒酌人の依頼
 ・衣装、引き出物の検討
 ・随時、会場担当者と打ち合わせ
 ・招待客のリストアップ
 ・ハネムーンの検討
 ・勤務先への結婚報告

◎2~3ヶ月前
 ・招待客の決定と招待状発送
 ・料理、飲物、引き出物の決定
 ・披露宴プログラムの検討
 ・司会者の依頼、打ち合わせ
 ・演出、カメラマンなどの依頼
 ・衣装の決定
 ・ウエディングケーキの決定
 ・結婚指輪の購入
 ・二次会の詳細決定
 ・ハネムーンの決定と予約
 ・新居の決定、家具類の購入

◎1ヶ月前
 ・招待客の最終確認
 ・席次表の確定
 ・宿泊、送迎関係の手配
 ・随時、会場担当者との打ち合わせ
 ・ヘアメイクリハーサル
 ・ハネムーン準備、お土産リスト作成
 ・新居への引っ越し

◎1週間前
 ・会場担当者との最終打ち合わせ
 ・衣装、ヘアメイク最終確認
 ・美容エステの総チェック
 ・媒酌人へのあいさつ
 ・二次会の最終確認
 ・すべての準備の総点検
 ・旅行社との最終打ち合わせ
 ・結婚通知状の準備

◎前日~3日前
 ・出席者全員の最終確認
 ・ネイルケア、ネイルアート
 ・衣装、小物の搬入
 ・持ち込み品の最終確認
 ・祝儀など小銭の準備

◎当日
 ・費用の残金支払い
 ・スタッフ等へのお礼

◎後日
 ・挨拶回り
 ・結婚通知状の発送
 ・婚姻届等の諸手続き
 ・写真、ビデオの整理、焼き増し


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。