スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと気になる(Q&A)

  • 2009/01/06(火) 21:40:56

:「お見合い」は堅苦しい印象があるのですが。
:従来のイメージは確かにそうでしたが、
  今はまったく変わっています。
  有名ホテルのロビーで、時間の制約もなく、
  二人だけで会話を楽しむことができます。
  気が合えば、デートに切り替えることも出来ます。
 
:会員の年齢はどの位の方が多いのですか。
:30代前半から、40代前半の方が中心です。
  もちろん、20代の方も、50代、60代もいらっしゃいます。

:成婚まで、普通どの位かかるのですか。
:個人差がありますので、一概には断定できませんが、
  早い方で3ヶ月、遅くても2年以内にはご成婚されています。
  仲人型結婚相談所の場合は、
  あくまで結婚を前提としたお見合いや交際になりますので、
  比較的短期間でご成婚されるケースが多いのです。

:お相手は自分で選べるのですか。
:インターネットの検索システムや
  お見合いパーティーを活用して、
  ご自分でお相手を選んでいただくのが基本です。
  そのように積極的に行動する方が、
  ご成婚の確率もグンと高くなります。
  同時に、仲人・カウンセラーも長年の経験を活かして、
  ピッタリ合うお相手を推薦させていただきます。
  
:成婚できる条件に、有利・不利はありますか。
:男性の場合は、大卒は高卒より有利になります。
  結婚直後から親と同居する場合は、かなり不利になります。
  50歳以上の女性は不利になります。
  職業による有利・不利はありません。

スポンサーサイト

入会(登録)をお薦めできない人

  • 2009/01/06(火) 20:49:33

 結婚相談所(結婚情報サービスを含む、以下同じ)に
入会(登録)した場合でも、
すべての人が成婚されるわけではありません。
 残念ながら、入会(登録)しても意味のない人、
無駄なお金を使うだけの人がいることも事実です。
 概ね、次のような人が、それに該当します。

(1)特殊な宗教活動をしている人
 一般的に新興宗教は、敬遠される傾向があります。
(2)結婚する意思が希薄な人
 結婚する意志があることが入会基準ですから、
恋愛相手やデートの相手を求めて入会することは出来ません。
(3)理想を求め過ぎる人
 現実離れしたお相手と結婚できる可能性は極めて低くなります。
最終的には、釣り合いの取れたお相手に落ち着きます。
(4)マナーが欠落する人
 結婚に限らず、社会常識に欠ける人は誰も相手にしてくれません。
(5)忙し過ぎて休みがない人
 仕事などが忙し過ぎて、お見合いをする時間も、
デートする暇もないというのでは、到底結婚には至りません。
(6)年収が少ない人
 男性で年収400万円が目安になります。
この金額以下ですと、相当の苦戦が予想されます。

成婚率は当てにならない

  • 2009/01/06(火) 20:25:03

 各業者が競って成婚率の高さをPRするため、
「成婚率が高いと、結婚できる可能性が高い」と考えられがちですが、
結論から先に言いますと、
結婚相談所(結婚情報サービスを含む、以下同じ)の成婚率の高さと、
あなたがその相談所に入会して、
結婚できる可能性に何の関係もありません。

 実は、そもそも成婚率の算出方法が曖昧なのです。
普通、成婚率は成婚数÷会員数で割り出されるのですが、
入会と退会が頻繁に起こる相談所の場合、
いつの時点の成婚数や会員数であるのかが、ハッキリしないのです。
 
 月次会員数ベース、年次会員数ベース、お相手の紹介件数ベース
などの他に、最も信頼できると思われる累積会員数ベース
などがありますが、採用された基準が公表されることはありません。
 極端な例としては、所属会員が会員以外の方と成婚した時でも、
カウントされている場合があるのです。

 さらに、このようなケースも考えられます。
A社は会員数が1,000名で成婚者数が300名、
B社は会員数が10,000名で成婚者数が2,000名である場合、
成婚率はA社の方が高くなりますが、
成婚者数はB社が圧倒的に多くなります。
 実力のA社、実績のB社ということになりますが、
会員の立場から見て、直ちに、
どちらが有利かという判定を下すことは出来ません。

 繰り返しますが、
成婚率の高さに惑わされるという愚かな過ちを犯すことは止めましょう。
 
 むしろ、仲人・カウンセラーとの相性、所属する会員の資質などの方が、
成婚出来るか否かの決め手になります。
 

入会(登録)基準

  • 2008/11/25(火) 19:31:12

 仲人型結婚相談所は、成人で独身者であれば、
基本的に、誰でも入会(登録)出来るようになっています。
 
 しかし、
現実は若干の入会(登録)基準が設けられています。
その内容は各相談所によって異なりますが、
共通する入会(登録)基準を挙げると、
次の5項目に絞られると思います。

①独身であること
 証明書類が必要です。
②20歳以上であること
 18歳以上、25歳以上という場合があります。
③定職・定収入があること
 女性には求められない場合があります。
④結婚する意思があること
 恋愛相手や友達探しの入会はできません。
⑤社会人としての良識を備えていること
 言うまでもないことです。

入会(登録)コースの種類

  • 2008/11/24(月) 20:24:04

 団体に所属している仲人型結婚相談所の場合でも、
コースの種類やサービスの中身がそれぞれ違います。
 高望みをする必要はありませんので、
自分に合ったコースを選びましょう。

 一般的に入会(登録)コースは、
料金と会員の属性により次のように分けられます。

 《料金によって分けられる場合》
 端的に言いますと、費用が安いコースと高いコースのことです。
この場合でも、入会金が無料若しくは安くて、成婚料が高いコース、
逆に入会金が高くて、成婚料が無料若しくは安いコースなど、
様々なケースがあります。
 一つの目安としては、入会から成婚までのトータル金額を、
判断材料にすればいいと思います。
 
 ただ、金額とサービスの中身は比例するのが常識ですから、
金額が安ければいいというほど単純なものではありません。
 この点をよく吟味し、何回も言うようですが、
自分の身の丈に合ったコースを選ぶようにしましょう。

 《会員の属性によって分けられる場合》 
 この場合には、次のようなコースが考えられます。
 ・体験コース(初心者向け)
 ・ヤングコース(20歳代の若者向け)
 ・シニアコース(中高年向け)
 ・再婚コース (再婚希望者向け)
 ・エグゼクティブコース(医師・弁護士・会計士・会社経営者等向け)
 ・国際結婚コース(国際結婚希望者向け)
 ・医療関係者コース(医師・薬剤師・看護師等向け)  

 これらはあくまで一例ですので、
他にも色々なコースが設定されています。

 なお、個人的な見解としては、
自己紹介書などによって、自らの身分を明らかにし、
かつ、お相手に対する希望条件を明確に示せば、
自然にお見合いのお相手は絞り込めるわけですから、
属性による細かいコース分けは、
あまり意味がないのではないかと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。