スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケイタイ漬け

  • 2009/02/26(木) 17:44:16

 情報社会に生きる私たちにとって、
パソコンや携帯電話が無い生活は想像できなくなっています。
私の場合でも、一ヶ月の携帯料金が、
多い時には2万円を超える場合があります。

 使い方さえ間違わなければ、これほど便利なものはないのですが、
どんなものにも功罪があるのだと痛感します。
特にケイタイについては、今大きな社会問題になっています。
 大人のケイタイマナー違反は論外ですが、
子供のことになると、問題はより深刻になります。

 今の小学生は3人に1人、中学生は2人に1人、
高校生はほぼ全員がケイタイを持っています。
 その内、一日に50件以上のメールをやり取りする子供は、
小学生ではわずかですが、中学生は5人に1人、
高校生は7人に1人という割合になり、
驚くことに、一日100件以上という中学生が全体の7%ほどいます。
 数字的なことはともかく、今の子供たちの多くが
「ケイタイ漬け」になっていることは、紛れもない事実です。

 文部科学省は、小中学校へのケイタイの持ち込みは、
原則禁止が望ましいという方針を打ち出し、
大阪府の橋下知事は、
政令市を除く府内の全公立小中学校はケイタイの持ち込みを禁止、
府立高校では校内での使用を禁止することにしました。

 橋下知事は記者会見で、
「学校にケイタイは必要ない」と述べていましたが、
まさにその通りだと思います。
 こういう話題になると、必ずと言っていいほど、
「子供の自由を犯すな」「安全は守れるのか」という意見が出ますが、
要するに「ダメはものはダメ」でいいのです。
 学校は教育機関であり、学力養成の場ですから
それらを阻害する恐れのあるものは、すべて排除すればいいのです。

 文部科学省の方針に対して、
東京都の石原都知事などが「親が判断すること」と、
一律禁止に否定的な考え方を示しています。
 一見まともな考え方のように思いがちですが
公教育の責任ある立場にある者の見解としては、
現状認識が著しく欠落しています。

 確かに、一昔前ならば親の判断と責任に基づいて
子供のしつけが為されてことは事実ですが、
 今時の親に、正常な判断力を求めることは無理でしょう。
それができるならば、ケイタイに限らず子供たちを取り巻く諸問題は、
大部分が解決するはずです。
 家庭の教育力低下は、結局のところ、
学校や地域社会が肩代わりしていかなければならないのです。
 本来の社会システムとしては異常なのですが、
現実はそうせざるを得ないというのが我が国の現状です。

 それにしても、変な世の中ですね。
電車の中での無表情なメール打ち、
街の中では歩きながらもメール打ち、
レストランに入れば、食事をしながらメール打ち、

 何かしら薄気味悪いのは私だけでしょうか。

2007pansy-ic1.gif

スポンサーサイト

キレる

  • 2009/02/22(日) 17:14:07

 「キレる」は広辞苑にも登場しましたから、
現代人でこの言葉を知らない人はいないと思います。
 
 最近では、子供だけでなく、「キレる大人」が増加しているようです。
非常識なクレームを学校や教師に突きつける
モンスターペアレントは有名になりましたが、
児童相談所の現場でも、机やドアを叩いて怒りをあらわにしたり、
包丁で切りつけるなどの傷害事件が起きているようです。

 「キレる」に関連する言葉に「ムカつく」があります。
「ムカつく」状態が続いた後、我慢が限界に達して「キレる」のです。
 今の中学生の約80%は「ムカついた」経験があるといわれており、
ムカつく対象は、学校の先生、友達、両親などになります。
 キレた時には「相手を怒鳴りつける」「物を壊す」などの行為に出ますが、
最悪の場合には「相手に暴力をふるう」ことになります。

 「ムカつく」「キレる」原因はいろいろありますが、
一番は「辛抱ができない」つまり、欲求不満に慣れていないからです。
 
 例えば、兄弟に一つのオモチャを与えたとします。
昔なら「一緒に遊ぶ」とか「交代で遊ぶ」ことによって、
オモチャを独占できないという欲求不満に耐えることを覚えました。
 ところが、今の親は子供がオモチャを取り合うようなら、
さっさと両方に同じものを買い与えますので、
「辛抱する」「欲求不満に絶える」機会を失ってしまっているのです。

 私が幼少の頃は、終戦直後の貧困の時期でしたので、
学校から帰っても夕飯までは何も食べるものがない状態でした。
 ですから、時折母親が作ってくれたおやつは何よりの楽しみでした。
しかし、母親の言葉はいつも決まっています。
「お兄ちゃんは辛抱して、妹や弟に先にやりなさい」
それでも、兄を気遣う妹や弟は、必ず私の分を残してくれました。
 私たち兄弟に限らず、昔の子供たちはこのようなことを通じて、
「辛抱する」「我慢する」「不満に耐える」などの習慣を
身につけていったのだと思います。

 ところで、子供をダメにする取って置きの方法がありますが、
ご存知でしょうか。
それは子供の要求をすべて受け入れることです。
 何かをほしいと言えば、買ってやり
何かを食べたいと言えば、食べさせてやり
どこかに行きたいと言えば、連れて行ってやり
自分には出来そうにないと言えば、そうだなと聞いてやり
しんどいと言えば、無理するなと言ってやる
 
 このように聞き分けのいい親になった途端に、
子供は確実につぶれます。

2007pansy-ic1.gif

焼肉

  • 2009/02/10(火) 20:08:12

 ☆肉匠 おか元☆

 難波にある「肉匠 おか元」は、
従来の焼肉に対するイメージを覆すほど、
強いインパクトを持った店です。

 この店の売りは、何といっても「赤身肉」です。
「30ヶ月の長期飼育」「A5」「和牛雌」のモモ肉は、
まさに極上の一品です。
 特におススメは、外モモの近くにある「マクラ」、
塩としょう油でシンプルに召し上がると、
肉本来の旨さが十分に堪能できます。

 珍しい純白の「生せんまい」、
色・形・歯ごたえに特長がある「生レバー」
ボリューム感たっぷりの野菜、キムチも期待に応えてくれます。

 それと、この店はデートに使うと、なぜか仲良くなれます。
なぜ二人が仲良くなれるかは、
行ってからのお楽しみにしておきましょう。

 《場所》 大阪市中央区西心斎橋2-7-9
 《電話》 06-6211-9029
 《交通アクセス》 地下鉄心斎橋駅 徒歩10分
 《営業時間》 17:00~23:00
 《定休日》 月曜日
 《総席数》 座敷30席
 《平均予算》 6,000円~

320x320_945112.jpg

320x320_944952.jpg

夫婦ゲンカ

  • 2009/02/10(火) 16:42:49

 長年連れ添っていると、
夫婦ゲンカの一つや二つは当たり前ですが、
そのキッカケになるのは何だろうと気になるものです。
 そこで、この疑問に答えるために、
オリコンは20代・30代の既婚者を対象に、
「夫婦ゲンカをする時の主な原因」について調査しました。

 その結果、男女ともに、
「相手の自己中心的な言動」「気分屋」「短気」が
上位を占めています。
 要するに、何でも自分の都合いいように進めようとする、
自分の気に食わないことが生じると、すぐ機嫌が悪くなる、
言うことがコロコロ変わり、理由もわからずキレる、
などがケンカの原因になっているようです。

 今時の若者たちに
「ジコチュー」が蔓延しているのは承知していましたが、
それを結婚生活にまで引きずっているのでしょうか。
事実ならば、これは深刻な問題だと思います。

 お互いが若い時は、
仕事や子育てなどで気持ちを紛らわすことができますし、
ケンカをしても、その日か翌日には謝って仲直りができるのですが、
年を取ってくると、そう簡単にはいかないものです。

 同居期間25年以上の熟年夫婦の離婚は、ここ10年で2倍以上、
同居期間30年以上に限ってみると、3倍近くになっており、
これは離婚全体の増加率の2倍にもなっています。

 地球始まって以来の長寿社会を迎え、
夫婦は驚くほど長い二人だけの時間を過ごすことになります。
しかし、こんなに長く顔を合わせて生きていくノウハウを
私たち人類は持ち合わせていません。

 年代に関係なく、幸せな結婚生活に欠かせないものは、
「相手への思いやり・気遣い」「相手を尊敬する気持ち」です。
 「うちに限って大丈夫」「まだ若いから、心配ない」
と思っている夫婦ほど危ないものです。
「たかが、夫婦ゲンカ」で済まさず、
お互いが「結婚とは何か」「夫婦はどうあるべきか」について、
日頃から真剣に向き合うようにしたいものです。

 ところで、ネット上に「離婚危険度チェック」ができるサイトがあります。
 私の場合、13%とかなり低い確率で、
長寿時代にふさわしい生き方をしている夫ということでした。
ちょっと照れ臭いですが、ひとまず安心です。

2007pansy-ic1.gif

串揚げ・串かつ

  • 2009/02/05(木) 20:50:43

 ☆Wasabi(わさび)☆

 デートに串かつ屋?と思われるかも知れませんが、
今回は、法善寺横丁にある「Wasabi(わさび)」をご紹介します。
 「あまから手帖」やTVに度々登場していますので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 店内は広くないですが、インテリアが白を基調としており、
天井も高いため、圧迫感はありません。
 カップルの場合は、カウンターがしっくりきますが、
2階には4人掛けテーブルが2つあり、
貸切りで利用する際には丁度の広さです。 
 店長をはじめスタップは全員女性ですが、
たまに男性が混じることがあるそうです。

 この店の串の特徴は、
串の一つひとつの細工が丁寧で、しかも凝っており、
出て来るたびに、思わず「オー」と歓声を上げたくなります。
 女性を意識しているために、
サイズはやや小さめですが、見栄えは抜群です。
 しかも、植物性の揚げ油を使っているせいで、
さっぱりしていて、油物独特の胸焼けがしません。
むしろ、たれや塩をつけない方が、
食材の新鮮さを味うことができると思います。
 
 お決まりコース(串12本と野菜スティック、ご飯、デザート)
でも十分満足できますが、
お任せコースに挑戦してみてはいかがでしょうか。
お腹が一杯というところでストップをかけることができます。
ただし、2品ぐらい早い目に…

 後味の爽やかなワインは串にピッタリ、
食後にはデザートをどうぞ。

 とにかく、2回目以降のデートに
絶対におススメの店です。

 《場所》 大阪市中央区難波1-1-17
 《電話》 06-6212-6666
 《交通アクセス》 地下鉄なんば駅下車 徒歩5分
 《営業時間》 17:00~21:30
 《定休日》 不定休
 《総席数》 テーブル6席、カウンター10席
 《平均予算》 ディナー6,000円~

379116.jpg

379117.jpg

マリッジブルー

  • 2009/02/04(水) 14:50:54

 最近、メールでのご相談が増えてきました。
結婚に限らずどんな悩みでも、自分で深く考え過ぎずに、
周囲の人に打ち明けることが大切だと思います。
 私の場合は、仕事の空き時間を利用しますので
多少時間がかかるかも知れませんが、
必ずご返事させていただくように心掛けています。

 先日は、神戸市の女性(34歳)の方から、
メールをいただきました。

 彼女は、3歳年上の男性との婚約が整い、
今年5月初旬の結婚式に向けて準備が進んでいます。
 新居の場所や新婚旅行のスケジュールも決まり、
今は挙式や披露宴の内容などについて、
打ち合わせを行っているとのことでした。

 ところが、最近になって、
「本当に、今結婚していいのだろうか」
「相手の男性は、本当に理想のタイプなのだろうか」
というような不安にさいなまれ、
ひどく落ち込むことが多くなったようです。
 もちろん、相手の男性や家族にも相談することができず、
偶然見られた私のブログに興味を持ち、
メールを送って来られた、というのが主な経緯です。

 これは、近年男女ともに増加する傾向にある
「マリッジブルー」といわれる症状だと思います。
 多忙な結婚準備に追われるうちに、
急な不安に襲われ、憂鬱な気持ちに陥ってしまうことです。
 
 結婚そのものへの漠然とした不安や
家族を養っていくことへのプレッシャー、
新生活での家事・育児に対する心配などが主な要因ですが、
厄介なことは、一つの不安をきっかけにして、
次々と新たな不安が起こってくることです。

 精神的なものですから、特効薬はありませんが、
私は彼女に次のようなアドバイスをしました。

 一つは、やはり周囲の人に悩みを聞いてもらうこと。
兄弟姉妹や既婚の友人など、気軽に話せる相手がいいでしょう。
自分一人だけで、抱え込まないようにすることです。
 二つは、結婚準備をしばらくの間休むこと。
相手の男性にも協力してもらった方がいいと思います。
お互いに結婚準備のことをしばらく忘れて、
もう一度最初の頃の気持ちを確かめ合うようにすれば、
新たな一歩を踏み出すことができるのではないでしょうか。

 読者の皆さんの中で、
何かいい方法をご存知の方がおられましたら、
是非、教えていただきたいと思います。

chocolate-s1.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。