スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サクラ前線」早め?

  • 2009/03/16(月) 16:07:32

 気象庁の発表によると、
今年の桜(ソメイヨシノ)の開花予想は
平年より早めになる所が多くなるということです。
 2月の気温が高かった上に、
3月も高温が予想されることがその理由になっています。
 いよいよ春本番近し、という感じですね。

 九州大学の伊藤久徳教授(気象学)らの分析によれば、
このまま地球温暖化が進むと、
今世紀末には最大で4週間近く桜の開花が早まるようです。
 
 ソメイヨシノは九州から北海道南部にかけて分布しますが、
冬の間、最高気温10度以下の寒気に約60日間さらされることで、
木が眠りから覚める「休眠打破」と呼ばれる現象が起こり、
春先の気温の上昇が一気に開花を促すといわれています。
 この点からも、温暖化という気候変動が、
桜の開花という身近な出来事にも
少なからず影響を与えているのがよくわかります。

 ところで、桜には自生種と栽培品種があります。
自生種は日本、中国、北米、ヨーロッパなどにありますが、
主に東アジア地域に多く分布しています。
 栽培品種が最も多いのは、
いうまでもなく日本で、その数は300種以上になります。
アメリカのワシントンにあるポトマック公園は有名ですが、
その他にもイギリス、フランス、ドイツ、ベルギーなどのヨーロッパ、
タンザニア、ルアンダなどのアフリカなど、
今や日本の桜は世界中に広がっています。

 いかに見事に咲いた桜の花でも
欧米人にとっては、「オー・ワンダフル」「オー・ビューティフル」、
つまり、単なる眺める対象にしか過ぎません。
 しかし、我々日本人の多くは、
桜の花に自らの人生を投影することができます。
 冬の厳しい寒さに耐え、ようやく花を咲かせたと思ったら、
いたずらな春の嵐によって一夜で散って行く、
そのいさぎよさやはかなさに心を打たれるのだと思います。
 
 「国家の品格」の著者である藤原正彦氏は、
これこそ日本固有の「情緒」「感性」だと指摘しています。
 また、昭和初期の流行作家である林芙美子の
「花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき」の名句は
あまりにも有名です。

 一箇所にある桜の種類として日本最多は、
東京都八王子市の多摩森林科学園桜保存林の約250種です。
関西では大阪市北区の造幣局「花の通り抜け」で
約110種の桜を楽しむことができます。

スポンサーサイト

資金計画を立てる

  • 2009/03/08(日) 18:11:04

 全体的なスケジュールが把握できたら
次は結婚式と新生活に必要な資金の計画を立てましょう。
 「一生に一度のことだから」と大判振る舞いをする人がいますが、
アイデア次第では、お金をかけなくても
思い出に残る結婚式を挙げることができます。
 大事なことは、決して背伸びせず
身の丈に合った規模や内容にすることです。

 結婚費用には、婚約の費用、挙式・披露宴の費用、
新婚旅行の費用、新生活の費用などがあり、
平均すると総額500~600万円になります。
 そのうち最も大きなものは挙式・披露宴に関する費用で、
約半分を占めると見ておけば間違いないでしょう。
次が新居の家具類など、新生活関連の費用になります。
 一方では、挙式・披露宴をささやかなものにし、
新生活を充実させるためにお金を回すという考え方も
合理性があっていいと思います。
 
 予算の立て方としては、
二人の大人が新生活を始めるわけですから、
基本的には自分たちの資金でまかなうのが理想です。
 親など身内の援助を仰ぐケースが多々ありますが、
最小限にとどめたいものです。

 挙式・披露宴の招待客などからいただくご祝儀は
自己資金としてプールして差し支えありません。
 最近のデータによりますと、
招待客一人当たりのご祝儀相場は平均3万円となっています。
仮に50人の招待客がありますと、ご祝儀は約150万円になり、
挙式・披露宴費用のほぼ8割をまかなえる計算になります。

 新郎側と新婦側との費用の振り分けは、
最初の段階で話し合っていた方が無難だと思います。
 婚約の費用、挙式の費用、新婚旅行の費用は折半し、
披露宴の費用は招待客数に応じて頭割りするのが一般的です。
衣装や小物は自分の分を負担します。

 なお、ブライダルローンなどの融資制度には、
絶対手を出さないようにしましょう。

トラブル多発

  • 2009/03/05(木) 21:16:38

 今までに何回か取り上げましたが、
結婚相手紹介サービスに関するトラブルが後を絶たないようです。
 国民生活センターによると、
全国の相談件数は2006年度2848件、2007年度2975件、
2008年度も2月20日現在で2418件となり、
前年度に迫る勢いになっています。

 2004年の特定商取引法施行令の改正によって、
結婚相手紹介サービスは新たに規制対象に追加されました。
 期間が2ヶ月を超え、金額が5万円超の契約は、
すべて法の規制の対象になります。

 具体的な消費者保護規制の内容は、
・クーリングオフ(契約後8日間の無条件解約)
・中途解約(契約後8日間経過後でも、解約可能)
・契約書面などの交付等の義務付け
・誇大広告、不当勧誘行為の禁止
となっていますが、
国民生活センターに寄せられる苦情には、
「解約時の返金が少ない」「勧誘がしつこい」などが
多いということですから、特商法違反の疑いがあります。

 中途解約については、
一定の損害賠償額(上限が規定されている)を支払えば、
契約残額は返金されることになっています。
 しかし、悪質な業者のなかには、情報提供サービスなどを、
最初の数ヶ月間で集中的に実施するなど、
法の仕組みを逆手に取った契約を押し付けているところがあります。
 これを防止するには、最初の段階で契約内容を
しっかり確認する以外に方法はありません。

 「会員数が最大規模!」
「3ヶ月以内の成婚率80%!」
「絶対に希望の相手が見つかる!」
などの誇大広告に騙されないようにしましょう。

 会社の規模や知名度の高低などと成婚率には
直接的な関係はありません。
 どんなビジネスでも、誠意と責任感が信用のバロメーターです。
くれぐれも気をつけましょう。

2007pansy-ic1.gif


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。