スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフィール

  • 2008/11/05(水) 15:28:28

 兵庫県丹波篠山で結婚相談所を営んでいます。
昭和22年亥年生まれ、
何かと注目されることが多い団塊世代の一人です。

 50代半ばに大学院の修士課程に在籍し、
悪戦苦闘しながらも、無事全課程を終えましたので、
最終学歴は一応大学院修了ということになります。


 高校卒業後は大手製薬会社に入社し、
営業マンとして東京で約2年間過ごしました。
製薬会社の営業といえば聞こえはいいのですが、
実態は新規顧客開拓のため、
昼夜関係なく東京中を駆けずり回ることでした。
 しかし、この時期の諸体験が、
その後の人格形成の土台になっていることは確かです。

 その後大阪に移り、
親戚の者が経営する会社などで働いたのですが、
周囲の妬みたっぷりの眼差しにほとほと嫌気がさし、
22歳の時に故郷に戻ることになりました。


 帰郷後は、国家試験に挑戦する決意を固めました。
一方で、親のスネを当てにするわけにもいかず、
小遣い稼ぎを始めました。
近所の子供たちを集めて勉強を教えたのです。
 今でこそ塾は掃いて捨てるほどありますが、
当時としては非常に珍しかったため、
大方の予想に反して、たくさん子供たちが集まりました。
 
 実は、この仕事が今も続いています。
10年程前に会社組織に改めて、予備校も新設しました。 
 アルバイトのような軽い気持ちで始めたのが、
その後の時代の趨勢にも恵まれ、
あれよあれよという間に、
35年近くも経ってしまったというのが、正直なところです。
 私自身は既に現役を引退し、
現場の仕事は若手の先生たちに任せて、
オーナーという立場で経営に携わっています。


 40~50歳代では地方議会議員に立候補し、
政治に関わりを持ちました。
一番印象深く残っているのは、
「平成の大合併(西暦2000年頃)」の際に、
合併するかしないかで、
議員同士が口角泡を飛ばす激論を重ねたことです。
 選挙の戦績は4勝2敗ですから、
まずまずというところでしょうか。
しかし、負けた選挙は勝ち選挙の
何十倍ものダメージが残るものです。
これは経験した者でなければわからないことですが…
 

 還暦が間近かに迫り、
同級生が次々と退職し始めた頃、
自分も何らかのケジメをつけなくてはと考え、
やり始めたのが、今の結婚相談所の仕事です。

 親戚の者が長年「仲人」をやっていたのですが、
高齢のため仕事を続けることができなくなり、
「後を継いでみないか」と声をかけられたのが
きっかけになりました。
 
 想像していた以上に大変な仕事ですが、
やりがいもあります。
また、塾の卒業生や議員在職中の交友関係などの人脈が、
今の仕事を続ける上で大いに役立っていると実感しています。
 やはり、何をやっても人との繋がりが基本です。
そして、その繋がりを強めるのも弱めるのも、
感謝の気持ち次第だと考えるようになりました。
 
 私には「お見合い」のお世話をしてあげるという意識は、
まったくと言っていいほどないのです。
今までご厄介をかけた人々にご恩返しをする、
ささやかでも社会のお役に立てることをする、
ただ感謝の気持ちを、
仕事という形で実践しているに過ぎないのです。
 
 このような心境で仕事をしていると、
不思議なものでいつの間にか多くの人々に
囲まれるようになりました。
「ありがとう」「お世話になりました」「一生忘れません」…
次々と感謝の輪が大きくなっていくのです。
 お陰様で、今では兵庫・大阪・京都と
活動範囲が広まってきましたが、
初心を忘れることなく、
さらに精進を続けたいと考えています。
 

 家族は妻と母親と私の3人暮らしです。
長男と長女は結婚して、京都と横浜に住んでいます。
次女は独身で大阪にいます。
最近、彼氏が出来たということですが、
父親として少し複雑な心境です。


 スポーツと読書が大好きです。
今はゴルフが三度の飯より好きというほど
のめり込んでいますが、
若い頃は武道に熱中していました。
中でも、拳法は六段ですから多少自信があります。
 もう一度若い頃に戻れたら、
おそらく「総合格闘技」をやっていると思います。
なぜなら、何者にも邪魔をされることがない男の勝負ほど、
「サムライ魂」を揺さぶるものは、
他に見当たらないからです。
 

 本はジャンルに拘らず、
月に最低5~6冊は読みます。
何と言っても、パソコンとともに重要な情報源です。
それと、まだまだ人間として成長(?)したいと
思っていますから…


 プロフィールにしては、少し長くなり過ぎました。
色々書きたいのですが、後は日々の「コラム」をご覧ください。
 「コラム」では、私が仲人の活動を通じて、
見たこと、調べたこと、聞いたこと、
感じたことなどの役立つ情報を、
余すところなくオープンにしたいと考えています。
 

 人間60年もの齢を重ねると、
欲もなければ、怖いものもありません。
もちろん、何も隠すこともありません。
不思議なもので、妙に開き直った感じになれるのです。
 そんな心境でこれからも書き続けていきますので、
どうか宜しくお願い致します。
 
 読者の皆さんとの出会いに、
心から感謝します。
  
いのしし
 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2008/12/22(月) 15:13:48
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。