スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい夫婦の日

  • 2008/11/24(月) 15:47:19

 毎年11月22日は「「いい夫婦の日」です。
11(いい)22(夫婦)という語呂合わせから、
この日に決まったようです。
 1988年に制定されていますから、既に20年も経っています。
案外知らない人も多いのではないでしょうか。

 生きていくことの意味を夫婦という単位で見つめ直し、
お互いへの感謝の気持ちを色々な形の「ありがとう」で伝え合う
というのが制定された趣旨になっています。
 毎年、理想のいい夫婦を選ぶ「パートナー・オブ・ザ・イヤー」や、
「いい夫婦川柳コンテスト」なども企画されています。

 今年も「いい夫婦の日」を前に、
生涯学習の「ユーキャン」がインターネットで調査を行いました。
 既婚者400人を対象に、
夫婦についての思いを一字の漢字で聞いたものですが、
20代では「絆」「信」「愛」の順で多く、
60代では「忍」「愛」「和」となりました。
 20代はその理由を「きずながあってこそ成り立つ関係」とし、
60代では「お互い我慢しないと続かない」でした。
うーん、何となくわかる気がしますね。

 夫婦円満の秘訣は?の問いには、
両世代とも「会話の時間を多く持つ」が最も多く、
次は、20代が「愛情や感謝の気持ちを積極的に表現する」で、
60代は「お互いのプライバシーを尊重する」でした。
これも、うんうんです。

 「現在の配偶者と結婚してよかった」のは、
両世代とも80%を超えましたが、
「生まれ変わっても、今の配偶者と結婚したい」は約60%に留まり、
複雑な胸の内が吐露される結果となっています。

 「いい夫婦の日」をすすめる会の名誉会長である
落語家の桂文珍氏は、次のように言っています。
 
 「夫婦とはよき相談相手であり、
  最大の理解者でもあります。
    その意味では、夫婦にとって一番大切なものは
    信頼だと思います。
    それをどう築いていくかは、
    それぞれの夫婦次第ですね。
        二人でコツコツ積み上げたものに
        何一つ無駄なものはありません。
        積み上げた時間と数だけ、
        信頼という高い塔が築けるのですから」

momiji07-ic1.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。