スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本音は顔の左半分に

  • 2008/12/09(火) 18:17:57

 目白大学教授で、文学博士の渋谷昌三氏は、
その著書の中で、大変興味深いことを語っています。

 その内容は、
「相手が何を考えているかは、顔の左半分に注意すればわかる」
というものです。

 気持ちが顔の表情に出やすいことは誰でも知っていますので、
人に悟られたくない時は隠そうとしますね。
 そのため、表情だけで相手の気持ちを見破るのは、
なかなかむずかしくなります。
 それじゃ、相手の本音を知るには、どこに注目すればいいのでしょうか。

 一般的には、
顔を「「額と眉」「目とまぶた」「鼻とほおと口」の3つに分けた場合、
恐怖と悲しみは「目とまぶた」に、幸福感は「鼻とほおと口」に、
驚きは「額と眉」に顕著に出るといわれます。

 これをさらに突き詰めて、
顔の左半分にホンネが出るというのが、渋谷教授の指摘です。

 人間の体は左右対称のようでも、実際は随分違っています。
当然、顔も左半分と右半分とでは違っています。
 顔のどちらか片側だけで合成写真を作ってみると、
元の顔とはかなり違って、別人のようになる場合があります。
 
 この合成写真をよく見てみると、
左半分で作ったものの方が、右半分で作ったものより、
表情がハッキリ出ているのがわかります。
 左側の方が表情が強調される傾向にあり、
正直な気持ちが出やすいのではないか、
というのが専門家の見方です。

 お見合いを成功させるためには、  
お互いの気持ちのキャッチボールが欠かせません。
これができないと、会話はぎこちないものになってしまいます。
 その上、時間が限られていますから、
なおさらプレッシャーがかかることになります。

 お相手の気持ちは、体の色々なしぐさに表れますが、
やはり顔の表情から読み取るのが一番だと思います。
 決して、本音を探ろうなどと気取る必要はありません。
自分本位の一方的な会話を押し付けるのではなく、
常にお相手の気持ちに対する気配りを忘れないことが大切です。
 
 繰り返しますが、
会話は、気持ちのキャッチボールです。
お相手の気持ちをしっかり受け止め、
自分の気持ちもきちっと伝えましょう。

i_tree-2.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。