スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大変化」の予感

  • 2009/01/05(月) 15:25:16

 アメリカの金融危機をきっかけに、
100年に一度といわれる不況が世界中を覆っています。
 「アメリカがくしゃみをすれば、日本は風邪をひく」
と揶揄される我が国経済の脆弱さに変わりはなく、
国内の企業は、業種や規模の大小を問わず、
大きなダメージを受けています。
 
 経済の不透明さだけでなく、
その舵取り役であるべき政治の行方も混沌としています。
 また、国と地方自治体を取り巻く財政の悪化は、
増税やコスト削減による行政サービスの低下という形で、
我々の日常生活を直撃しそうです。
 その他、環境、教育、医療など、例を挙げれば枚挙に暇がなく、
問題山積とは、まさにこのような状況を言うのだと思います。

 そのような中でも、一番深刻なことは、
年々加速する少子化問題ではないかと考えています。
 なぜなら、将来人口をどのように予測するかということは、
あらゆる政策立案の大前提となるからです。

 我が国の総人口減少の危機については、
以前のコラムで詳しく書きましたので省略しますが、
より深刻さを増しているのは、0~14歳の人口減少です。
 
 信頼できる統計データによると、
0~14歳の人口は、30年後には今の約53%、
50年後には約35%、70年後には約24%になります。
 この数字だけでも、ちょっとビックリですが、
さらに、総人口に占める0~14歳の比率を算出すると、
30年後は約8.5%、50年後以降は7%台という、
衝撃的な数字になります。
 大多数の人々に実感はないと思いますが、
中学生以下の子どもが、国民10人に1人にも満たないという
超少子時代の到来が間近に迫っているのです。
 
 危機感の欠如している為政者は誰も口にしませんが、
このような状況こそ、国家の存亡に関わる非常事態であり、
100年に一度どころか、有史以来の崖っぷちに立たされている
という強い認識が必要だと思います。

 少子化の進行を解消するために、
子育て環境整備を初めとする支援策が打ち出されています。
自治体によるお見合いパーティーの開催もその一つです。
 しかし、問題をより根本的に解決させるためには、
これら個々の制度の充実発展と平行して、
国民の多くが抱く将来不安というものを払拭することに
全力を傾注させるべきだと考えます。
 人間に限らず、将来に大きな不安を抱えたまま、
子孫を残そうとする生き物など存在するはずがありません。
理屈じゃなくて、本能なのです。

 国民の将来不安を払拭するには、
国家の方向性を定め、世界での役割を明確にすることです。
国づくりの目標を掲げ、それを実現するための手段を示すのです。
 これによって、国民は夢や希望を持ち、勇気が湧き出て
前向きな行動を起こすことができるようになります。
 一人ひとりが自らの生き様を見つめ直し、
単調な日々の生活の中から、
自分に出来ることを発見しようとするのです。
 国づくりと言うと、何か大げさな感じがしますが、
実は、このような小さなアクションの積上げではないかと思います。
 
 アメリカの一極集中は終わりました。
利益優先、市場原理、規制緩和、効率化などの
米国流価値観は完全に崩壊したのです。

 アメリカ一辺倒の追随は止めましょう。
今こそ、「調和」「倫理」「「正義」「感性」などを基調とする
我が国独自の歴史や伝統文化を見直し、
日本流価値観を世界に向けて
積極的にアピールしていくべきだと思います。
 国づくりの目標として…
世界での役割を果たすために…
そして、誇れる日本を子孫に引き継ぐために…

 瓦解した世界秩序の再構築に向けて、
日本発の「真の改革」が地球大変化の引き金になる、
そんな新しい時代の幕開けの予感がします。
 皆さんには、その逞しい胎動が聞こえますか?
  
 性分に合わないのですが、
年頭に当たり、少し難しいことを考えてみました。
 しかし、力が入り過ぎると、ろくなことがありません。
身の丈に合ったことをやるのが一番です。
 世界や国のことは、その立場にある人に任せることにして、
私は、昨年同様に、あちこちで小さな幸せの芽を見つけ出し、
それを少しでも大きく育てるお手伝いができるよう頑張ります。
 多くの方々との出会いに感謝しつつ、
本年が皆様方にとって、いい年でありますように…

2009-039.gif

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。